自由に、正直に、今を丁寧に

自由に、正直に、今を丁寧に生きる シンプル+シングルライフをを綴ります。

結婚指輪にザワついてた私、バイバイ

結婚指輪のトラウマ?かな。
私が20代後半の頃、『負け犬の遠吠え』という本が大ヒットした。
結婚していなかった私は焦りのど真ん中にいた。
その本の存在に大きく胸をえぐれていた。

『あの人いいな』『素敵だな』
と思う人のほとんどが、結婚指輪をしていた。
なんだかその指輪を見るたびに、自分自信を全否定されてる気持ちになった。

でも今思うと、当時は自分を心から愛していなかった。
その隙間を埋めてくれるのが、結婚という形だった。
みんなが属する方に属することで得る安心。
みんな結婚するから私も結婚して外から見て一人前とされる所属に入りたかっただけ。

でも、結婚してもダメだった。
甘かった。

結局、自分としっかり向き合って、ダメな自分も丸ごと愛して、
ダメな自分のダメささえ愛しい、いいんだよってなってきた今だからこそ
他者に気持ちが向き始めてるのかもしれない。

他人との関係は愛したいだけ自分を愛して、大事にして、
そこからやっと始まる。

大丈夫、自分と仲良くできていれば、恋人も、結婚相手も、自分の子供さえ
旅立っていくことに、すがったりしないから。

私だけは、私を離さない。
私には、私がいるから大丈夫。
素敵な私なら、素敵なあなたに会える。引き寄せられる。
そう信じてる。